<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2月25日(土) I've just confused.

 久々です。昨日は一部の方々に大変見苦しいところを見せてしまい申し訳ありませんでした。

 最近色々あって正直すごく落ち込んでるし、希望がボクには今もまだ見えないけど、これはすべてボク自身が招いたものだから、絶対ボクが扉を開いて、次の夢に翔び越えていくよ。



 もちろん楽しいことも沢山あったよ。スノボとか香港旅行とかね。明日からはアメリカ行ってきやす。ドリームの地で癒されてきます。

 全然関係ないけど、NBAオールスターでレブロン・ジェイムスが最年少21歳でMVP。マジすごいね。ってかさらにすごいのが、ダンクコンテストの優勝者ネイト・ロビンソン。なんと身長175cm。日本の田臥と一緒ですよ。なんとコンテストで1m70cmの人(この人は実はかつての優勝者。)を飛び越えてダンクした。カッコよい。やっぱNBAはすばらしい。
[PR]

  by dark_sorrow | 2006-02-26 00:15 | その他

2月6日(月) The Artist

 昨日の内容さぁ、誤解のないように言っとくけど、腕時計のことだから(笑)まぁ分かっていると思うけど。

 今日は久しぶりに家でごろごろしてビデオ見たり、本読んだり。ゆっくりした時間が流れてた。日々のせわしない時間からふと解放されて、ゆとりのある1日を過ごせたな。
 
 
 ENDLICHERI☆ENDLICHERIって知ってる?堂本剛のソロプロジェクト名なんだけど、今回エンドリ名義で出した曲、『ソメイヨシノ』がほんと良い。サビの部分のメロディがグッとくる。
 ボクは堂本剛は一アイドルとしては異質だと思う。決してアイドルっぽくない。彼はボクの中で立派なアーティストだ。まぁ確かに、歌唱力とか、オーラとかはまだまだな感は否めないけど、彼の詩・唄はすごく共感できる。

 彼の価値観はボクにすごく近いから、より共感してしまうんだ。彼のエッセイ『僕の靴跡』も読ませてもらった。これもすごく共感した。

 価値観が近くて、尊敬に値する人間に対して、初めてボクは「カッコよい」と評する。ただ見てくれが良い人間に対しては「イケメン」としか言わない。「イケメン」は周りにいくらでもいるけど「カッコよい」やつはほとんどいない。清春も土屋アンナもエンドリも「カッコよい」。ボクは彼らを本当に尊敬してる。彼らはれっきとしたアーティストだ。

 ちなみに上の3人には間接的共通点がある。土屋アンナがウェブ上で今一番会いたい人というテーマの対談で一番最初の対談相手が清春。エンドリのシングル『ソメイヨシノ』のカップリング曲『濡れ鼠』でドラムを叩いているのは「あらきゆうこ」さんといって清春のサポートドラマーを結構よくやっている人。さらにエンドリ(というか堂本剛)のギターの師匠は「土屋公平さん」で、この人は清春もすごくリスペクトしている天才ギタリストなんだよ。実際清春さんと土屋さんはすごく仲良くてよく競演もしてる。
 3人ともファッションにはすごいこだわりがあるし、やっぱボクが尊敬する人たちはボクの価値観にすごく調和するんだよな。

                    『ソメイヨシノ きみは
                     この季節抱くたび
                     どんな想いを僕らに
                      ピンクの花弁
                     美しく 身に纏って
                       風にもたれて
                    叫ぶ声がまた 墜落した』




                Happy Birthday to Takao☆
                君は「カッコよい」やつだぜ☆

 
[PR]

  by dark_sorrow | 2006-02-07 01:15 | 音楽・メディア

2月5日(日) Link automatic chronograph

 よく考えたら、ここを見れる人は特定少数(のはず)なわけで、もっと自分を見せても良いのではないかと、突然思っちゃった。
 だからこれからは普段はほとんど語らないし見せないボクの内面や価値観をもっとはっきりここに吐露していこう。

 
 
 ボクは最近久しぶりに〝恋〟ってやつをしたんだ。もう好きで好きでたまらないのさ。寝ても冷めても彼女のことで頭がいっぱい。もう運命の出会いだと感じてるよ。
 
 彼女はすごいきれいで頭が良いけど、同時にすごく繊細で傷つきやすくてナイーブなんだ。そこがまた良いんだよね。

 だけど今、彼女を自分のものにするのは時期尚早とも感じてるんだ。難しい現実的な問題がボクと彼女の間には横たわってるのさ。経済的問題っていうね。ボクはまだ学生だから、経済力に難があって、彼女を自分のものにする資格がないんじゃないかなって。でもボクと彼女の気持ちはきっと通じ合ってるから、絶対近いうちにプロポーズにしにいくよ。だから他の男に浮気してお持ち帰りされるなよ。。。



 なんて、まぁいきなり吐露するのはやっぱ恥ずかしいから徐々にやっていくよ。
[PR]

  by dark_sorrow | 2006-02-06 01:54 | その他

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE